│  サイトマップ

製品情報

ビタミンメーカー、温度マッピング管理で品質保証

産業:ビルの性能評価
組織:ビタミン剤製造工場
適用:温湿度計測及び保存環境の最適化

あるビタミン製造会社は自社の品質管理の一環で季節的温度変動を監視し、製品の鮮度を最適に保つため同社の貯蔵施設内に複数のOnset社製温度・湿度データロガーをインストールしている。

 

FDAの厳格な品質規制に準拠するため、また独自の品質基準を満たすため、同社は全国にあるビタミンおよびミネラルサプリメント貯蔵施設で季節変動マッピングプログラムを実施している。このプログラムは、同社の製品の多くが温度・湿度に敏感であるため、夏の高温や湿度レベルの急変など季節的環境変化が品質に影響を与えないよう管理している。例えば、ソフトゲルは温度の影響を受けやすく硬い錠剤は湿気に影響を受けやすいため、このような管理が必要となる。 

 

“我々は劣化スピードの速い有機質商品を取り扱っている。30フィート天井貯蔵倉庫やラッキングシステム倉庫の場合、熱が倉庫に閉じ込められてしまう可能性がある。この時、大きな温度変動が起こらないよう温度±2.8℃、湿度±3%以内に保てるような容量を持つエアハンドリングユニットを設置している”とエンジニアリングプロジェクトマネージャはいう。

 

新しいモニタリング手法

従来、同社は倉庫の環境をモニターするのに高価で取り扱いの難しいプログラミング式センサーを使っていた。技術スタッフが現状により適したソリューションを探していたところ、オンラインでOnset社製HOBO UX100シリーズ温度・湿度ロガーの存在を知った。このマッチ箱サイズのデバイスは、従来型ロガーの弱点であった液晶表示がない、精度があまり良くない、メモリー容量が十分でない、高価格、使いづらいなどを補ってくれる。液晶画面では、リアルタイムで現在の温度と湿度をチェックすることができ、また、ロギングの状態、バッテリー残量、メモリー消費などのロガーの現況も確認できる。

 

ロガーのテスト

使用温度マッピングプロジェクトでは、33000平方フィートの施設で複数の温度・湿度データロガーを導入した。設置する前にロガーの精度を確認するため、温・湿度範囲を設定した環境チャンバーに入れロガーの読値がその設定範囲内であることを確認した。精度確認後、データを30分毎に記録するよう専用ソフトを使ってセットした。また、異常があればすぐに倉庫スタッフが気づくようアラーム通知のセットもおこなった。具体的には、温度・湿度レベルがセットしたしきい値を超えた場合、ビープ音と液晶画面にアラーム表示をする。このプロジェクトでは高さ30フィートの倉庫内を列状にロガーを配備し、高さを25フィート(最高段)、15フィート(中段)、1フィート(下段、ラック底部)の3階層に分け配備した。また、空気供給口、リターン口にも取り付けた。マッピングプロジェクトのためにデータは3週間収集した。

 

データの活用

3週間のモニターテスト終了後、スタッフは温度・湿度のプロファイルグラフを簡単に作成することができ、同社のリーダーシップチームへのプレゼンテーション用としてこの資料を組み入れることができた。詳細なレポートならびにビジュアル情報は何か問題があったときにエンジニアリングチームが問題解決のための提言を作成するのに有用だ。

 

”我々は温度・湿度レベルが範囲外になったとき直ちに空調担当者に連絡を取り、空調を調整することで問題に対処できる”

 

もしビルの設備に変更があった場合、エンジニアリングチームはプロセスをトレースできるよう品質保証基準書に従って別途3週間分のマップデータを取る。

 

HOBO温湿度データロガーを使うことで同社のエンジニアリングチームと空調スタッフは温度マッピングの能力に大きな自信を持っているとこの品質保証システムを高く評価している。

 

連絡先: 
Onset Computer Corp.:http://www.onsetcomp.com/
パシコ貿易(株):https://www.pacico.co.jp/

 

 

HOBO and Onset are tredemarks of Onset Computer Corporation, Bourne, Massachusetts(USA)

 

製品に関するお問合わせは、お問合せフォームをご利用ください。