│  サイトマップ

製品情報

データロガーでチーズ保存庫の温度モニター

産業:ビルの性能評価
組織:ティラムックチーズ社
適用:チーズ製造工程の最適保存温度 のモニター

ナチュラルチーズ製造における発酵工程は約4℃で始まるといわれる。ワイン製造においては温度条件が正しくなければ発酵は起こらないともいわれる。

 

オレゴンに拠点を置くティラムックチーズ社はナチュラルチーズなど乳製品で業界をリードする。プレミアブランドのチーズメーカとしてこれまで高い評価を得てきた。ティラムックチーズ社では保存庫の温度条件がチーズ発酵に良好な温度に保たれているかを確かめるため保存庫のいろいろな場所に30台以上のデータロガーを置きモニターをおこなっている。

 

“ティラムックチーズ社ではプロセスチーズではなくナチュラルチーズを製造しているが、それは簡単なことではない。製品として完成した時が苦労の報われるとき。製造過程で注意しないといけないことの一つが保存温度を5.6℃に一定に保つこと。高すぎれば発酵が早く進みすぎるし、低すぎると発酵がまったく起こらないということになる”と工場で管理部長を任されるジム・ヘファーマン氏はいう。

 

全文を読む:http://www.onsetcomp.com/content/data-loggers-track-temperature-automated-cheese-warehouse

 

 

HOBO and Onset are tredemarks of Onset Computer Corporation, Bourne, Massachusetts(USA)

 

製品に関するお問合わせは、お問合せフォームをご利用ください。