│  サイトマップ

製品情報

データロガーで食品加工場環境温度を確認

産業:ビルの性能評価
組織:ナショナル・レーズン社
適用:レーズン製造工程の温度環境最適化

カリフォルニアのナショナル・レーズン社は最新式設備を導入し年間50,000トンのレーズンおよびドライフルーツを生産し全米第2位の地位を確保する。しかし、ナショナル・レーズン社に例を見るように生産量が多いからといって品質が落ちるとは限らない。ナショナル・レーズン社は“世界で一番クリーンなレーズン”としての評価を得ており、社是は“カリフォルニアレーズン業での最高品質の提供者であること”である。

 

ナショナル・レーズン社は総合品質保証戦略の一環としバッテリー式温度データロガーを様々な製造工程において活用している。これまでもデータロガーは食品製造工場で周囲温度のモニタリングや環境コントロールシステムのトラブルシューティングツールとして使ってきたが、現在は製造工程内でもっと総合的な機材となってきている。“ロガーは主として生産物の状態をより良く理解するため温度確認をするためと生産工程の機器が正しく稼働していることを確認するため。したがって今やデータロガーは我社の工場においては無くてはならないツールとなっている”と技術部長のステイシー・クリージは説明する。

 

全文を読む:http://www.onsetcomp.com/content/data-loggers-verify-temps-during-food-processing

 

 

HOBO and Onset are tredemarks of Onset Computer Corporation, Bourne, Massachusetts(USA)

 

製品に関するお問合わせは、お問合せフォームをご利用ください。