│  サイトマップ

製品情報

オクラホマシティーにおけるヒートアイランド現象の調査

 

as_30_1

オクラホマ大学のAmanda SchroederとJeffery Basaraはオクラホマシティー都心部における温度変化調査を6週間に亘りおこなった。

 

調査は市街にある多くの消防署から戦略的要所を選定し、合計20個の温湿度データロガーを設置した。これらのデータロガーとオクラホマシティーにある2箇所の測候所からのデータをこの地域の温度変化評価のため使用した。ロガーは設置前に相互比較を行い、同様に使用後に補正を行った。

 

このプロジェクトの主要な目的はオクラホマシティー全域での温度の差異を評価し、都市における夜間のヒートアイランド現象の存在と日中のクールアイランド現象の可能性を確かめることであった。調査によりオクラホマシティーのヒートアイランドとクールアイランド現象の存在を確認できた。通常ヒートアイランド効果は日の出前が最も強く、一方クールアイランド効果はその強度は弱いが正午頃に起こっていた。しかし郊外においては都市クールアイランド現象が発生するビジネス地域より一般的にはなお低温であることを示した。

 

HOBO and Onset are tredemarks of Onset Computer Corporation, Bourne, Massachusetts(USA)

 

製品に関するお問合わせは、お問合せフォームをご利用ください。