│  サイトマップ

製品情報

ホボデータロガーで野鳥営巣の研究

 

as_47_1

スリランカ、セントラル州の口笛ツグミの生息数はその生息域の退廃によって危機的な影響を受けている。2011年3月時点での総生息数はおおよそ1,000~2,500と見られる。研究者はホボプロv2外部温度2チャンネル型ロガーを使ってナックルズ森林保護区内に繁殖のため営巣するペアの口笛ツグミの巣内と巣外の温度を測定している。

抱卵温度を2分ごとに記録することで研究者は産卵数、抱卵温度、ふ化成功率など営巣活動に関する新しい情報を知ることができるという。

 

 

 

 

HOBO and Onset are tredemarks of Onset Computer Corporation, Bourne, Massachusetts(USA)

 

製品に関するお問合わせは、お問合せフォームをご利用ください。